金の産出国はどこ?金の需要と供給のお話

金の産出国はどこ?金の需要と供給のお話

生活に輝きをもたらしてくれるアクセサリー。コンピューター、電気自動車などの部品、材料。資産を安全に運用してくれるインゴット。
こうした製品には、たくさんの金が使われていますよね。
どれも美しい金たちですが、どこで採れたか気になりますよね?

金を産出している国はたくさんあります。世界中の国々で金が採掘されているのです。金はとても希少価値が高い貴金属ですので、それだけに価格も高騰していますが、採掘できる地域は意外と広いのです。それが、ほかの貴金属とは違う金の特徴とも言えるでしょう。

今回は、金の産出国についてご紹介していきます。まずはランキング形式で、産出国がどんなところか見ていきましょう。こんなところからも採れるんだ!という地域があるかもしれませんよ。

また、金の需要と供給のバランスは、金の産出量に大きな影響を与えます。
金の産出量の多さは、その地域にどれだけの金が資源として眠っているか、国内での金の需要の多さ、輸出量などにも依存しています。

そこで、併せて金の需要と供給について解説していくことにしましょう。

産出国ランキング!トップ10

さっそくですが、2015年の金の産出国ランキングを見てみましょう!

第1位中国490トン
第2位オーストラリア274トン
第3位ロシア242トン
第4位アメリカ200トン
第5位カナダ150トン
第6位ペルー150トン
第7位南アフリカ140トン
第8位メキシコ120トン
第9位ウズベキスタン103トン
第10位ガーナ85トン

以上、ベスト10の産出国をご紹介しました。
意外な国もランクインしていたのではないでしょうか?

ベスト10以外の国も合わせて地域別に考えますと、アジア、アフリカ、南米、北米、オセアニア、欧州の順になっています。
アジアが最も金の産出量が多いのです。

金の産出量の年間推移

さて、2015年はさきほどようなランキングになっていますが、ずっとこのランキングだったわけではありません。
年々、それぞれの国の産出量は変化しています。

そこで、それまでの年間推移(2005年から2014年)を確認してみましょう。

200520062007200820092010
中国230トン247トン281トン292トン324トン351トン
オーストラリア262トン247トン247トン215トン224トン261トン
ロシア175トン173トン169トン189トン205トン203トン
アメリカ262トン252トン238トン234トン221トン230トン
カナダ120トン104トン102トン95トン96トン104トン
ペルー218トン214トン184トン196トン201トン185トン
南アフリカ315トン296トン270トン234トン220トン203トン
メキシコ31トン39トン44トン51トン62トン79トン
ウズベキスタン76トン74トン73トン72トン71トン71トン
ガーナ63トン70トン77トン80トン90トン92トン

2011201220132014
中国371トン413トン438トン462トン
オーストラリア259トン252トン268トン273トン
ロシア216トン230トン249トン262トン
アメリカ233トン232トン230トン205トン
カナダ108トン108トン133トン154トン
ペルー190トン184トン188トン173トン
南アフリカ202トン177トン177トン164トン
メキシコ89トン103トン120トン118トン
ウズベキスタン71トン73トン77トン80トン
ガーナ91トン96トン107トン108トン

それぞれの国の事情が産出量を決める

さきほど、年々、金の産出量が変化していることが確認できました。

特に著しく産出量を伸ばしているのは中国ですが、反対に産出量が減少していっているのは南アフリカです。
ほかにも、産出量が増えているところ、横ばいのところ、減少しているところがありますね。

特徴的な国々について、少し解説していきましょう。

南アフリカ

南アフリカは、世界有数の資源豊富な地域です。ダイヤモンドの産出量でも有名ですが、金も豊富に採掘できる地域です。
南アフリカは、クルーガーランド金貨を発行していることでも知られています。

南アフリカは、1890年ごろに金鉱脈が確認されて探鉱事業が開始されました。
1897年には世界一の金産出国となりました。

それ以降、南アフリカは常に世界トップの金産出量を誇ってきました。
1970年代は年間1000トンの金を産出するまでになりました。これは世界全体の産出量のうち、その70%を占めるほど産出量になります。

しかし、アパルトヘイト政策が撤廃されて以降、徐々に金の産出量は減少しています。
(アパルトヘイト政策は、アフリカの人種差別を促す隔離政策です。アフリカの人々は、最近までアフリカにいながらにして、ひどい差別に苦しんでいました。いまでもその名残は消えたわけではありません。)

ついに南アフリカは、2007年には、中国に産出量1位の座を奪われてしまいました。
2015年には世界7位となっています。
南アフリカの労働者が西洋諸国の支配から解放され、過酷な労働を強いられなくなったことが考えられます。

とはいえ、産出量が減少し続けていてもなお、豊富な産出量を誇っています。
南アフリカだけでも、埋蔵量は6000トンにもおよぶと言われています。

アメリカ

アメリカは、1848年にカリフォルニア州で、ジェームズ・ウィルソン・マーシャルという人物が金を発見したことがきっかけでゴールド・ラッシュが起こりました。彼はアメリカン川に砂金を見つけたのです。

金鉱脈が川の水に流されて、下流に沈殿していくものが砂金です。この砂金を求めて、アメリカのたくさんの人々がカリフォルニアに移住しました。1849年だけで、10万人ほどの人々がこの地へ移住したのです。
この大量の移住者のことを、「フォーティナイナーズ」(49年の人々という意味)と呼ぶようです。

中国

中国は、1980年代の改革開放運動以来、金の採掘に力を入れています。
現在では、世界1位の産出量となりました。

内モンゴル自治、区湖南省、山東省、福建省が主な採掘場で、これらの地域だけで中国全体の金産出量のおよそ半分を占めています。

新疆(しんきょう)ウイグル自治区では、100トン級とも言われる大規模な金鉱が発見されています。
中国とキルギスの国境付近に、薩瓦亜尓頓金鉱と呼ばれる金鉱が1993年に発見されて以来、ここの調査が進められてきました。
薩瓦亜尓頓金鉱は、「天山山脈中央アジア黄金ベルト」と呼ばれる世界の金脈に位置しています。

この金鉱には、2014年の時点で、金127トンの埋蔵量があることが確認されています。

日本

日本もかつては世界有数の産出国でした。佐渡の金山は1601年に開山した、有数の金鉱山です。鶴子銀山の山師たちがこの地の金鉱脈を発見し、金が大々的に採掘されるようになりました。
いまでは佐渡の金山は金が採掘され尽くしてしまったため、閉山しています。

現在の日本の金鉱山からの金産出は、そのほとんどが鹿児島県の菱刈鉱山からになっています。菱刈鉱山は、鉱山1トンあたり金40グラムと、たいへん高純度の鉱山になっています。

とはいえ、さほど金鉱山からの産出量は多い方ではありません。日本は、かつてのような「黄金の国」ではなくなりました。
しかし、そのかわり世界有数の「都市鉱山」になりました。

つまり、通信機器、電子機器などに含まれる金は、日本に大量に流通しています。ここからリサイクルで得られる金も大量になります。
こうした電子廃材などに含まれる金の総量は、2008年に物質・材料研究機構による調査によると、6800トンにもおよぶと言われています。
日本は、電子廃材から採れる金で「黄金の国」になったのです。

世界で増え続ける金の供給量

金の供給量は、世界で見ると年々増加しています。

金の供給量の大部分を占めているのは、「鉱山から採掘する自然金」と「中古金スクラップ」になります。中古金スクラップは、すでに利用されたものをリサイクルすることで供給される金です。

それでは、ここ数年間(2005年から2015年)の金の供給量を見てみましょう。

鉱山生産量中古金スクラップ
20052561トン903トン
20062496トン1133トン
20072499トン1006トン
20082429トン1352トン
20092612トン1728トン
20102742トン1713トン
20112846トン1675トン
20122875トン1677トン
20133061トン1287トン
20143133トン1125トン

(データ出典:GFMS、Thomson Reuters)

中古金スクラップによる金の供給は年によって上下していますが、鉱山生産量の方は年々増加していることがお分かりになるでしょう。

徐々に増えている金の消費需要

さきほどは金の供給量が年々増えていく様子を確認してみました。
なぜこのようなことが起きているのかといいますと、近年の金の需要の高まりから、それに合わせて生産量を増加させているからなのです。

世界的に人口も増加し、経済成長の著しい発展途上国も増えています。金はたくさんの用途に用いることができますので、そうした経済状況の変化によって金の需要は大きく影響を受けます。
それでは、どのような需要を満たすためにどれくらいの金が供給されているのでしょうか?

以下に、実物経済に関する代表的な需要項目の推移を見てみましょう。

宝飾品工業用加工量エレクトロニクス
20052722トン449トン294トン
20062302トン480トン325トン
20072426トン487トン331トン
20082308トン471トン318トン
20091819トン422トン283トン
20102033トン476トン333トン
20112034トン468トン330トン
20122008トン426トン295トン
20132439トン419トン289トン
20142213トン400トン279トン

(データ出典:GFMS、Thomson Reuters)

全体の需要の割合を考えると宝飾品用途が最も多いようですが、工業・製造業に必要な金も年々増加しています。

上記のデータを見ればすぐにお分かりかと思いますが、2009年には、宝飾品の需要が著しく減少しています。
これは、2008年9月にアメリカのサブプライムローン問題が引き金となった、リーマン・ショックによる消費停滞が原因と考えられます。
工業用加工量、エレクトロニクスなど工業・製造業に必要な金の量も、1割程度減少していることが分かります。

とはいえ、徐々に需要量は回復する兆しを見せています。世界経済の回復が、実物経済での金の需要の回復につながっていると考えられます。

劇的に増えている金の投資需要

さきほど、金の需要がリーマン・ショック後に減少し、また回復してきている様子を確認しました。
しかし、すでに見たように供給の方は年々増加していますよね。

実は、実物経済における金の需要には減少が見られますが、投資など資産運用にかかわる需要はどんどん増加しているのです。

金は投資用語で「有事の金」と呼ばれています。
経済危機や政情不安などが起こったときには、信用リスクや生産の減少などが起こります。こうした有事のときには、株式や債権などの資産は被害を受けます。

そこで、有事のときにも安心して資産を管理できるように、金がたくさん購入されるようになるのです。金は実物資産ですので、リーマン・ショックのような金融危機が起きたときには特に需要が高まります。

以下に、資産運用にかかわる金の需要を見てみましょう。

小口投資金地金コイン
2005416トン261トン155トン
2006428トン236トン192トン
2007436トン236トン200トン
2008916トン659トン257トン
2009830トン548トン283トン
20101221トン934トン287トン
20111556トン1230トン326トン
20121343トン1039トン304トン
20131775トン1394トン380トン
20141079トン829トン251トン

(データ出典:GFMS、Thomson Reuters)

リーマン・ショックの起こった2008年には小口投資と金地金の需要量が急激に増加していることが分かります。コインの需要も少しずつ上昇しています。

このように、金融不安などの有事が起こりますと、金の資産運用にかかわる需要は上昇することが分かります。
2005年には、工業用の需要と大差ないものでしたが、最近になり宝飾品需要に近づいてきています。
複雑化する金融経済のなか、ますます金の需要は増えていくのではないでしょうか?

つまり、経済成長しても景気が後退しても、金の需要は増え続ける一方なのです。

日本の金の需要・供給バランス

日本国内の金の需要と供給の動向は、世界の動向とは少し傾向が違うようです。

国内の金の供給量について見てみましょう。

供給合計量
2009128トン
2010122トン
2011131トン
2012138トン
2013127トン
2014101トン
2015188トン

(データ出典:経済産業省「貴金属流通統計調査」)

ここ最近では金の供給量が急増しています。
それでは、需要の方はどうなっているのでしょうか?
消費者需要(エレクトロニクス、機械部品など)と準消費退蔵(宝飾品、美術工芸用など)の2つの項目を見てみましょう。

消費者需要準消費退蔵
200988トン21トン
201097トン23トン
201177トン32トン
201270トン22トン
201348トン18トン
201445トン13トン
201545トン9トン

(データ出典:経済産業省「貴金属流通統計調査」)

2009年のリーマン・ショック以降、金の消費にかかわる需要は低迷し続けています。世界的には発展途上国の成長が見られますが、日本はデフレ経済で失われた25年とも言われるほど景気低迷が続いています。こうした状況を反映しているのかもしれません。

それでは、消費ではなく資産としての現物購入量の国内推移を見てみましょう。

現物購入現物売却
200947トン75トン
201044トン81トン
201150トン103トン
201238トン46トン
201357トン55トン
201436トン42トン
201541トン29トン

(データ出典:経済産業省「貴金属流通統計調査」)

この期間では、現物購入量は2013年が最も多かったようですが、それでも横ばいと言えそうです。しかし、現物売却量の方は、大きく減少していることが分かります。
つまり、金を保有しておく方が安全という市場の判断があるようです。

金はインフレに強い資産とも言われています。インフレになると貨幣の価値が下がりますので、相対的に金などの実物資産の価値が高まります。
ここ最近は、インフレ政策を政府が指揮していますので、市場は今後もこうした経済状況で金の価格が上がると考えているのかもしれません。

減り続ける金の埋蔵量

金は毎年3000トンのペースで採掘されています。
しかし、自然界に存在する金の量には限りがあります。
森林などのような、自然界で自由に作ることができる再生可能資源と違って、金は枯渇性資源なのです。

人類がこれまでに採掘してきた金の量は、18万トンほどと考えられています。
その一方で、埋蔵量として残されている金の量は、6、7万トンしかないとも言われています。
重量で考えると分かりにくいかもしれませんが、オリンピック競技用のプールの体積で考えると分かりやすくなります。

これまでに採掘した量は、オリンピック競技用プールの4杯分ほどで、残された量は1杯分に相当します。
意外と少ない印象を持たれた方も多いのではないでしょうか。
いまのペースで採掘し続けますと、2、30年で採掘し尽くしてしまう計算になります。

もちろん埋蔵量といっても、地球上の金原子すべての量を指すわけではありません。
現実的な費用面から考慮して採掘可能な量を指しています。
将来は地球から金を取り出すさまざまな技術が開発されることも考えられます。
しかし、まだまだそうした新技術は開発途上ですので、これからも金の希少価値が高まっていくことでしょう。

日本で発見された金鉱床

日本は資源が少ない国ですが、かつてマルコ・ポーロの時代には黄金の国ジパングの伝説がありました。この伝説の真偽については諸説ありますが、実際、当時は世界有数の金産出国でした。

日本にもゴールド・ラッシュの時代はあったのです。
しかし、いま現在では商業的に十分な量が採掘できるのは、鹿児島県にある菱刈鉱山だけです。
このように日本では、リサイクル以外での金の新たな生産は希少なものとなってしまいました。

ところが、最近になって嬉しいニュースがありました。
なんと、東京都にある伊豆諸島・青ケ島沖の海底熱水鉱床に、高濃度の金を含む鉱床が発見されたそうです。
鉱石1トンあたり、最高で275グラムの金が含まれるという高濃度の鉱床です。

世界の金鉱山は、1トンあたり平均5グラムほどの金含有量で、経済的に採算が合う最低レベルは0.5グラムほどとも言われています。
鉱山と海底で採掘コストを単純には比較できませんが、高濃度の金鉱床であることは間違いないようです。

埋蔵量が心配される金ではありますが、このように金鉱床が新たに発見されることもあるのです。

金の鉱床は、地震によって瞬時に作られるということが最近になって解明されています。
地震大国と呼ばれる日本ですから、もしかすると海底にたくさんの金が眠っているのかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、金の産出国についてご紹介いたしました。

ごく最近では、最も金の産出量が多い国は中国となっています。
2007年ごろから、南アフリカを抜いて、今現在ダントツの1位の産出量を誇っています。

中国の人々はそのお国柄から、純金を好む国民性です。
特にここ最近の中国の経済成長は目覚ましいものがありますので、金を購入できる富裕層が増えています。
アクセサリーや投資目的として金を購入する人も増えていますので、必然的に産出量も増えるのでしょう。

また、中央銀行の準備金としても金の保有量を増やしていますので、中国での金の需要は輪をかけて高まっているようです。

かつて産出量が1位だった南アフリカは、金以外にもダイヤモンドなどさまざまな資源が豊富です。
しかし、ここ10年以上、産出量は右肩下がりに減少しているようです。

日本もかつてはゴールドラッシュでたくさんの金を産出していました。
しかし現在では、限られた鉱山で産出されるだけとなりました。
とはいえ、日本は、都市鉱山と呼ばれる工業製品からのリサイクルの金を膨大に産出していると言えます。

アメリカ、オーストラリア、ロシアなども世界有数の金産出国です。

金は希少価値が高く、その価格も高騰し続けています。
もちろん埋蔵量も少なくなってきていますし、それに比べて採掘量はどんどん増えていますので、これからも金の希少価値はどんどん高まることでしょう。

しかし、比較的たくさんの地域から採掘できるのも金の特徴です。
意外とこんな国から採れるんだ、という意見も多かったのではないでしょうか。
シルバーやプラチナと比べても、たくさんの地域で採掘されています。

金は埋蔵量が少ないながらも、たくさんの地域で採掘できます。
数千年も前から世界中で黄金文明の存在が確認されているのも、そのおかげかもしれませんね。

金・貴金属・プラチナの売却をお考えの方はお近くの「なんぼや」をご利用ください。
お持ちいただいたアイテムは相場にもとづき高価買取いたします。
駅から近い便利な全国71店舗の一覧はこちら

「なんぼや」グループの店舗案内

「なんぼや」、「ブランド コンシェル」は全国71店舗買取専門店!
駅から近い便利な立地です。

お好きな
エリアを選択
してください

北海道エリア

中国エリア

東北エリア

九州エリア

ブランド コンシェル 予約もできる買取専門店 ご予約を希望の方はコチラ

これまでにない、あたらしい買取のスタイル 買取now

関東エリア

東京都の店舗一覧
  • 神田駅東口店

    [ 営業時間 ]
    11:00~19:00
    (定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都千代田区鍛治町2-7-4 ヨウコービル1F

  • 東急プラザ赤坂店

    [ 営業時間 ]
    11:00~20:00(定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都千代田区永田町2-14-3
    東急プラザ赤坂 2F

  • 銀座本店

    [ 営業時間 ]
    10:00~19:30(定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都中央区銀座5-7-4
    鳩居堂(きゅうきょどう)ビル6F

  • 銀座店

    [ 営業時間 ]
    11:00~19:00(定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都中央区銀座4-3-7 銀座猿谷ビル 2F

  • 新橋店

    [ 営業時間 ]
    11:00~19:00(定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都港区新橋1-16-6 新橋柳屋ビル 1F

  • 新宿アルタ店

    [ 営業時間 ]
    11:00~21:00
    最終受付時間 20:30
    (定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都新宿区新宿3-24-3 新宿アルタ B2F

  • 新宿東口店

    [ 営業時間 ]
    11:00~21:00
    最終受付時間 20:30
    (定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都新宿区新宿3-17-2 アカネビル7F

  • 新宿西口店

    [ 営業時間 ]
    11:00~19:00(定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都新宿区西新宿1-18-17
    ラウンドクロス西新宿 10F

  • 錦糸町店

    [ 営業時間 ]
    11:00~19:00(定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都墨田区錦糸3-3-1 太田ビル2F

  • 自由が丘店

    [ 営業時間 ]
    11:00~19:00(定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都目黒区自由が丘1-9-3
    自由が丘第2ビル 4F

  • 東急プラザ蒲田店

    [ 営業時間 ]
    10:00~21:00
    最終受付時間 20:30
    (定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都大田区西蒲田7-69-1
    東急プラザ蒲田 4F

  • 渋谷店

    [ 営業時間 ]
    11:00~21:00
    最終受付時間 20:30
    (定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都渋谷区渋谷2-22-13 マイアミビル 3F

  • なんぼや+Miney
    東急プラザ渋谷店

    [ 営業時間 ]
    10:00~21:00
    最終受付時間 20:30
    (定休日なし)
    ※東急プラザ渋谷に準ずる

    [ 住所 ]
    東京都渋谷区道玄坂1-2-3 東急プラザ渋谷 5F

  • 渋谷マークシティ店

    [ 営業時間 ]
    10:00~21:00
    最終受付時間 20:30
    (定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都渋谷区道玄坂1-12-5 渋谷マークシティ ウエスト1F

  • 中野ブロードウェイ店

    [ 営業時間 ]
    11:00~19:00(定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都中野区中野5-52-15
    中野ブロードウェイ1F 165号室

  • 松坂屋上野店

    [ 営業時間 ]
    10:00~20:00(元旦は除く)

    [ 住所 ]
    東京都台東区上野3-29-5
    松坂屋上野店 本館 6F

  • 上野店

    [ 営業時間 ]
    11:00~20:00(定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都台東区上野6-8-7 内藤ビル 1F

  • アトレ亀戸店

    [ 営業時間 ]
    10:00~21:00
    最終受付時間 20:30
    (定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都江東区亀戸5-1-1 6F

  • 池袋店

    [ 営業時間 ]
    10:00~21:00
    最終受付時間 20:30
    (定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都豊島区東池袋1-2-7 OKビル

  • 池袋東武ホープセンター店

    [ 営業時間 ]
    10:00~21:00
    最終受付時間 20:30
    (定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都豊島区西池袋1-1-30

  • 北千住マルイ店

    [ 営業時間 ]
    10:30~20:30(定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都足立区千住3-92 北千住マルイ 8F

  • 八王子東急スクエア店

    [ 営業時間 ]
    10:00~21:00
    最終受付時間 20:30
    (定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都八王子市旭町9-1 八王子東急スクエア8F

  • 立川店

    [ 営業時間 ]
    11:00~19:00(定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都立川市曙町2-7-18 MISUMI Bldg. 3F

  • 吉祥寺店

    [ 営業時間 ]
    11:00~19:00(定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都武蔵野市吉祥寺本町1-2-5

  • 府中ル・シーニュ店

    [ 営業時間 ]
    10:00~20:00(定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都府中市宮町1-100 ル・シーニュ 1F

  • 調布パルコ店

    [ 営業時間 ]
    10:00~20:30
    金曜日のみ21:00まで
    (定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都調布市小島町1-38-1 調布パルコ4F

  • 町田東急ツインズ店

    [ 営業時間 ]
    10:00~21:00
    最終受付時間 20:30
    (定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都町田市原町田6-4-1
    町田東急ツインズ イーストB1

  • ミーツ国分寺店

    [ 営業時間 ]
    10:00~21:00
    最終受付時間 20:30
    (定休日なし)

    [ 住所 ]
    東京都国分寺市本町3-1-1
    ミーツ国分寺 3F

  • なんぼやロゴ・・・なんぼや
  • ブランドコンシェルロゴ・・・ブランドコンシェル

ブランド コンシェルは「なんぼや」グループの
予約もできるブランド買取専門店です。
※全店買取基準は同一です。

ブランド コンシェル 予約もできる買取専門店 ご予約を希望の方はコチラ

これまでにない、あたらしい買取のスタイル 買取now

お近くに店舗がない方はコチラ

「なんぼや」の選べる3つの買取方法

キャンセルOKの無料査定!