時計 鑑定士の基礎知識

時計の鑑定士とは?

女性よりも男性の方がこだわりを持っている人が多い「時計」。その時計を鑑定するのが時計の鑑定士ですが、多くの買取店では「時計鑑定士」という特定の鑑定士は存在していません。時計専門の鑑定士ではなく、ブランド鑑定士として時計を査定するようになっています。ブランド品でも様々な種類があり、その中に時計も含まれているので査定に問題はないのです。しかし、お店によっては時計の知識が豊富な方もいらっしゃいます。時計の知識が豊富な人ほど詳しく鑑定してくれるので安心です。時計を売る場合は、時計買取専門店で売ることをお勧めします。その方が時計に詳しい鑑定士が在籍している可能性が高いからです。時計にも様々なブランドや種類があるので、時計に関する知識を持っていなければいけません。もちろん、偽者と本物を見分ける力が必要となります。

時計の鑑定士に必要なスキル

時計の鑑定士に必要なスキルは、時計の知識や技術はもちろんのこと、時計にもブランドがあるのでブランドの知識も必要となります。時計として有名なブランドから時計の仕組みも知っておくと便利です。「時計鑑定士」としての資格はありませんが、時計鑑定士として働いている人の中には、「時計技能士」という資格を持っている方もいます。時計技能士とは、主に故障した時計を修理する技術を持っている人のことを指します。時計に関する資格は唯一この資格だけです。時計屋を営んでいる人のほとんどはこの時計技能士の資格を持っており、時計のことならば機能や技術はすべて把握しています。鑑定士に関係がないと思われるかもしれませんが、時計技能士の資格を持っていると何かと便利になるでしょう。時計に関して知識をより深めることができます。

時計鑑定士の年齢と求人傾向

時計鑑定士として働いている方の多くは、高年齢の方が多い傾向があります。実家の時計屋を継いでいる人や時計が大好きで時計に関する知識を活かしている人など様々です。社会人として働く事ができる年齢であるならば時計鑑定士として働くことができるでしょう。ただ注意してほしいことは「時計鑑定士」としてではなく、ブランドショップの鑑定士として募集されることが多いということです。時計鑑定士という名前で求人を出しているところはほとんどありません。バッグや時計の買取が多い買取店での鑑定士としての求人などがよく見られます。時計に特化した鑑定士としての求人は少ないということです。時計も含めたブランド品の査定を担当する鑑定士ならば求人は出ています。時計のみの鑑定士となれば、自分で時計屋を開くか、時計専門店に絞って求人を探すほかないでしょう。

時計鑑定士のメリット・デメリット

本当に時計が大好きな方は、時計の知識や技術を身につけていきながら時計鑑定士としてやっていくことができます。時計鑑定士のメリットは、時計に関する知識が豊富に身につくところです。また、最初は持っていなくても時計と触れ合うことで時計の中身にも興味を持ち、時計技能士の資格を取った方もいます。時計技能士は時計の修理に関する知識を学ばなければ資格を得ることはできません。自分で大好きな時計を修理することができるので新たな時計の魅力に触れることができるでしょう。時計鑑定士のデメリットは、あえて挙げるとすれば、時計に特化した鑑定士としての募集は少ないところでしょうか。時計専門店でない限り、ブランド品を主に扱うお店での雇用となるので時計以外にも専門的なブランド品全体の知識を身につけなければなりません。時計以外の知識も把握することができるメリットでもありますが、時計だけでいいと思う方は少し不満に思うでしょう。

時計鑑定士 求人・転職するならコチラ

時計鑑定士の白下枠