宝石鑑定士の基礎知識について

宝石の鑑定士とは?

宝石にもダイヤモンド、パール、エメラルド、ルビーといった様々な宝石がこの世に存在しています。また、宝石は、色石、ジュエリー、カラードストーンとも言われ、それら宝石類を鑑定し、どのくらいの価値になるのか判断する人が「宝石鑑定士」です。宝石を鑑定するだけでなく、宝石が偽者か本物かを見極める目も持っています。宝石買取店やデパートの宝石売場、輸入代理店、宝石を扱う株式会社など宝石鑑定士が働く場所はたくさんあります。そこで主に宝石鑑定士がする仕事は、宝石の鑑定・格付けとなっています。宝石鑑定士が鑑定の基準としている4C(宝石の重量、色、透明度、形)を見て、宝石の鑑定書を発行します。この4Cによって宝石の価値が決められるのです。どのような4Cであれば価値が高くつくのか、宝石の様々な知識を必要とされるお仕事となっています。宝石鑑定士としての資格を持っていれば、宝石の鑑定は安心してその人に任せることができるでしょう。宝石のなかには、もちろんブランド品なども多くブランド鑑定士の能力もあると高収入が期待できます。

宝石鑑定士に必要な資格・スキル

宝石鑑定士という資格は、国家資格ではなく、民間資格で得ることができます。資格を取らずとも宝石鑑定士として働くことはできますが「鑑定士」という肩書きがなければ収入を得ることは難しいでしょう。民間資格の宝石鑑定士には、何種類があります。日本で取得することができる宝石鑑定士は、JBSと呼ばれる日本のジュエリービジネススクールから出ている「JBS宝石・ジュエリー鑑定士」です。しかし、せっかく宝石鑑定士としての資格を取得するならば有名な鑑定士資格の方がお勧めです。世界的に有名な宝石鑑定士となっているGG、FGAが挙げられます。GGは、米国宝石学会(GIA)が出している資格であり、FGAは英国宝石協会(Gem-A)の資格となります。どちらも世界的に有名な宝石鑑定士の資格となっているので取得すれば世界中で宝石鑑定士として働くことができるでしょう。海外の鑑定士資格でも日本のビジネススクールを利用して取得することはできます。その代わり、簡単に合格することはできない難しい資格となっているので宝石に関するすべての知識を学び、身につけなければいけません。

宝石鑑定士の年齢・求人傾向

宝石鑑定士になるために勉強している方、現在働いている方の年齢層は非常に幅広いです。高校を卒業して専門学校に通う学生から60歳未満といった高年齢の方もいらっしゃいます。宝石鑑定士の資格さえとればいくつからでも働くことは可能です。宝石は昔から一定に高価な装飾品として扱われてきたので需要はあります。宝石鑑定士としての仕事場も幅広くなってきているので求人も徐々に上昇しつつあるのです。宝石関連を取り扱っている企業からデパートに出店している宝石店、買取専門店、ジュエリーショップなど働き場所はたくさんあるので求人には困ることはありません。都内や地方では、定期的に宝石鑑定士のセミナーや講座を開いているほどです。宝石は人々にとって身近な存在となっているので、宝石鑑定士の仕事はたくさんあります。

宝石鑑定士になるまでの過程

独学で学ぶ方もいらっしゃいますが、独学ですとどうしても学ぶことができる範囲が決まってしまいます。本でしか情報を吸収することができないので資格の通信講座や街中にあるビジネススクールなどを利用して資格を取得していった方が効率は良いでしょう。しっかり勉強していけば必ず資格は取得できます。専門学校に通うと費用がかかってしまうので、できるだけ安く抑えたいならば通信講座が良いかもしれません。宝石鑑定士として現在働いている方のほとんどは、地道に勉強して、長い時間をかけて資格を取得しています。世界的に有名な宝石鑑定士の資格であれば、短期間で勉強すればすぐに取得することができる資格ではないので、ちゃんとみっちり勉強した上で試験を受けるようにしましょう。費用もそこまで安くはありません。後悔しないように自分自身でルールを決めて勉強していって下さいね。

宝石鑑定士 求人・転職するならコチラ

宝石鑑定士の白下枠