ブランド鑑定士として働くために必要なもの

ブランド品の鑑定士について

街中にある専門買取店やブランド品の中古を取り扱っているお店などには、必ずブランド品を鑑定する専門の鑑定士が存在しています。買取店にブランド品を持っていった方は思い当たる人物がいると思います。ブランド品を鑑定し、品定めをする、そのブランド品の価値を決める人のことを「ブランド品鑑定士」と言います。様々なブランド品の知識や価値を判断する基準を把握しておかなければなりませんし、どのようなブランド品が流行っているのか人気と流行も常にチェックする必要があるでしょう。ブランド品鑑定士のお仕事は、品を鑑定するだけでなく、お客様が探している商品を提供する販売スタッフとして働くこともあります。ブランド品の鑑定士という仕事は、鑑定するだけではないということも知っておくと良いでしょう。

ブランド品の鑑定士になるために必要なスキル

「ブランド品鑑定士」といった資格は存在していません。鑑定士という資格は、不動産鑑定士や宝石鑑定士、アンティークや古美術の鑑定をする美術鑑定士という資格はあります。しかし、ブランド品鑑定士という資格はないので、自分でブランド品に関する知識を身につけていかなければなりません。基本的に、そのブランド品の鑑定をすることができるのはそのブランドのみとなっています。個人が判断することはできない為、ブランド品鑑定士というのは「目利き」と「査定」をするということになりますね。資格は必要ありませんが、様々なブランド品の知識、情報といったノウハウが必要となります。ブランド品というのは偽者が多く出回っているので、本物と偽者を区別できる目も必要です。また、バッグや時計、宝石、貴金属、小物、洋服などブランド品でも様々な種類があります。それぞれの種類を査定することができる知識は欠かせません。一般的に、ブランド品鑑定士として働き始める人は、まずは先輩鑑定士のもとで学び、知識やスキルを身につけていくことから始まります。

ブランド品鑑定士の年齢と求人傾向

“ブランド品鑑定士は年齢制限はあるのですか?”とよく聞かれますが、ブランド品鑑定士には年齢制限はありません。募集条件にも寄りますが、社会人として働ける年齢であればブランド品鑑定士として働くことはできます。また、転職先に選ばれることもあるので、年齢が結構上な方でも応募はできるでしょう。ブランド品鑑定士の求人を探してみると、比較的たくさんの募集内容がヒットします。人がたくさん行き交う街中にはあちこちに質屋や買取専門店があるように、ブランド品鑑定士の需要も増えているのです。買取専門店だけでなく、リサイクルショップや中古店でもブランド品鑑定士の募集はあります。雇用形態はアルバイトやパートではなく、ほとんどが正社員としての雇用となっています。そして、気になるのが給料だと思いますが、一般的な社会人としての給料は得ることは可能です。月給20万~となっており、高いところでは月給50万ももらうことができるところも見られます。しかし、ブランド品鑑定士として働きはじめの頃はまだまだ浅い知識しか持っていないので給料は低くなるでしょう。

ブランド品鑑定士のメリット・デメリット

ブランド品がもとから大好きで、いろんなブランド品に囲まれながら仕事がしたい!という方はブランド品鑑定士はぴったりのお仕事だと言えます。とにかく、働くにつれ様々なブランド品の知識や情報を入手することができるので本物と偽者の見分け方が分かり、見極める目を持つことができます。今は本当にたくさんの偽者が出回っているので引っかかることもないでしょう。その点がブランド品鑑定士のメリットではないのでしょうか。けれども、見極める力がなく、誤って査定してしまった場合、鑑定士として失敗してしまいます。ブランド品鑑定士というのは、いきなり知識やスキルを身につけることはできません。たくさんの色んなブランド品に触れ、時間をかけながら知識を吸収していきます。それまでは、たくさん失敗をすることもあるでしょう。

ブランド鑑定士 求人・転職するならコチラ

ブランド鑑定士の白下枠