ブランド百科
ブランドファッションの「知りたい」がわかる、Webメディア。

ジバンシー「アンティゴナ」はファッショニスタ愛用のボストンバッグ

2017年05月16日
52views
Tags:

収納力抜群!ジバンシーのボストンバッグ「アンティゴナ」の魅力

前衛的で個性を強調する服やバッグ、コスメを提案しているハイブランド、ジバンシー(GIVENCHY)。数々の人気ラインのなかから、ヘビロテ必至アイテムとして海外セレブに支持されているのがアンティゴナ(Antigona)

大きすぎず小さすぎない収納力の高いアンティゴナは、機能性も兼ね備える洗練されたデザインが魅力。そんなアンティゴナの特徴やサイズ、おすすめカラーをピックアップしてご紹介していきます。

ジバンシー(GIVENCHY)とアンティゴナ(Antigona)

機能的で洗練されたデザインが魅力のアンティゴナ

ジバンシーの創設者であるユベール・ド・ジバンシィは、由緒正しい貴族系出身の裕福な家庭で育ちました。ロベール・ピゲなどのメゾンで修業を積み、24歳の初コレクションで発表したラッフル袖の「ベッティーナ・ブラウス」が高く評価され、世間のその名が知れ渡しました。

その翌年にジバンシー社を設立し、数々の斬新なアイデアと他にはないエッジの効いたデザインは、「モードの神童」との異名がつけられたほど。かのオードリー・ヘップバーンの主演映画の衣装を手掛けたブランドとしても有名で、現在も海外セレブや女優を中心に多くのファンがいます。

そんなジバンシーの人気バッグの中でも、有名海外セレブたちがプライベートで愛用している姿を多数キャッチされているのがアンティゴナ。機能的で洗練されたデザインは、使い込むごとに体に馴染むボストンバッグです。

マスキュリンなボストンバッグ「アンティゴナ」の特徴

ジバンシーのボストンバッグ、アンティゴナの特徴

アンティゴナは2010年のジバンシー秋冬コレクションで発表された、ボストンタイプの大容量バッグ。機能性とデザイン性の高さが融合したシンプルな見た目が特徴で、トップハンドルのほかに、取り外し可能なショルダーストラップが付属している2WAY仕様。

アンティゴナの名前の由来

アンディゴナは、ギリシャ神話の「アンディゴネ(Antigone)王女」が由来で、『束縛されない』を意味しています。彼女の強く確固たる女性像をイメージして作られたアンティゴナは、あえてマスキュリンな要素をデザインに組み込んでいます。

アンティゴナはマスキュリンなエディターバッグ

たとえば、ジッパーは工業用のような大ぶりのものがつけられ、さらに前面にあるトライアングルのレザーパッチはミリタリーからインスピレーションを受けたもの。また、ショルダーストラップの両端にはアンティゴナのために作られた専用のメタルパーツがついており、どことなく無骨でモダンな雰囲気を醸し出しています。

上質なレザーは、使い込めば使い込むほどに味わいの出るしなやかさが魅力。荷物がたっぷりと収納できるので、仕事バッグやマザーズバッグとしても人気です。

アンティゴナの3つのサイズラインナップ

ジバンシーのアンティゴナのサイズラインナップは3展開

ジバンシーのアンティゴナは3つのサイズ展開をしています。今流行のミニショルダーや、大容量のミディアムサイズを取り揃えているので、自分らしい使い方やファッションに合わせて選びたいですね。

アンティゴナ<ミニ>

サイズ:約 縦20cm×横22cm×奥行き12.5cm

20cmサイズの2WAYショルダーのミニは、大きすぎず小さすぎないサイズが人気です。ボストンバッグらしくマチが広く安定感のあるデザインなので、スマホや手帳、長財布がしっかりと収納できます。流行のショルダーバッグとして持つのはもちろん、ハンドバッグとして手に持っても女性らしく品の良いサイズです。

バッグの内側にもジッパーポケットがついているので、大切な鍵やスマホを安全にしまっておけますよ。クラシックで気品あふれるデザインは、あえてデニムやスウェットに合わせることで、スタイルにこなれ感が生まれます。

アンティゴナ<スモール>

サイズ:約 縦24.5cm×横28cm×奥行き16cm

デイリーユースにぴったりのスモールは、長財布や化粧ポーチも収納できる機能性の高いサイズです。細かいシワ加工のゴートスキンは、衝撃に強くバッグが型崩れしにくい加工が施されています。

そのため、ちょっとした外出に持って行く際も、普段のスタイルが上品でプレミアムな印象に仕上がります。

アンティゴナ<ミディアム>

サイズ:約 縦28cm×横40㎝×奥行き20cm

横幅40㎝の大きなボストンバッグのミディアムは、通勤・通学バッグとして人気のサイズ。軽くて丈夫なゴートスキンを使っているので、大きめのサイズながらバッグの重さを感じさせません。数々の海外セレブや女優が愛用しているサイズで、たくさんの荷物を持ち歩く方におすすめ。

A4サイズの雑誌やノートパソコンも収納でき、1~2泊の小旅行用バッグにも使えます。クラシックで洗練されたデザインに、長いショルダーストラップがついているのでマザーズバッグとしても活躍します。

アンティゴナにはトートやクラッチバッグもある

アンティゴナはボストンバッグのほかに、同じフロントデザインのトートバッグや、フラップ式のクラッチバッグもあり、デイリーバッグとして高い人気を誇っています。

アンティゴナのおすすめカラーをご紹介

アンティゴナで人気の高いカラー

ジバンシーのアンティゴナの魅力の一つが、美しい発色とそのカラーラインナップです。ラムスキンやゴートスキンの上質なレザーの風合いと、高級感のある洗練されたカラーは、そこに存在するだけで周囲の目を引きます。

今回はそんなアンティゴナの中でも、特におすすめしたいカラーを3つピックアップしてご紹介いたします。

さし色にオススメ! 鮮やかなカラー「レッド」

ツルツルとした光沢が魅力のカーフレザーに、明るいレッドが目にまぶしいカラーです。人気のワントーンコーデの差し色としておすすめのカラーで、鮮やかながらワインのような深みを感じる赤が、どことなくセクシーな雰囲気を醸し出しています。

ビッグジッパーのシルバーの光沢がアクセントになる、大人の女性におすすめのカラーです。

レアなアンディゴナならこれ!大胆な「パイソン」

ヘビ革を贅沢に使ったパイソンのアンティゴナです。前面は白地に黒のパイソン模様が浮き出ており、側面は光沢のあるオレンジで構成されています。

貴重なバイカラーのアンディゴナとして、ジバンシー好きならぜひ手に入れたい逸品。クラシックなデザインにラグジュアリーなパイソンは、スタイルに高級感が生まれます。

フェミニンとモードが融合した「シルバー」

光沢のあるシルバーは、フェミニンとモードが絶妙に融合したジバンシーを体現するカラー。ゴージャスすぎず光沢を抑えた上品な色合いは、スタイル問わずデイリーユースにもおすすめです。

身に付ける人に華やかさをプラスする上質カラーとして、コーディネートをワンランク上に導いてくれます。

ジバンシーのボストンバッグ「アンティゴナ」でモードを楽しむ

膨らみのあるボストンバッグのフォルムに、シャープでエッジの利いたビッグジッパーやレザーパッチは、これまでになかったクラシックバッグです。

見た目の美しさだけでなく、ショルダーストラップ付きの2WAY仕様の機能性の高さは、毎日の生活を便利に華やかにしてくれるアイテム。

ジバンシーのアンティゴナで、いつものスタイリングを格上げしましょう。

記事を探す